材料宅配と、宅配冷凍弁当ではどっちがお得なの?

今や宅配サービスの業者は色々なものが存在しています。

 

その中でも宅配冷凍弁当サービスのようにお弁当を届けてくれるところもあれば、材料宅配サービスのようにメニューに使うための材料一式を届けてくれるところもあるようです。

 

そんな2つのサービスの違いを知って、どちらの方がより便利であるのかを比較してみましょう。

 

【材料宅配サービスとは?】

材料宅配サービスとは、その名前の通り材料が届けられるサービスのことです。
1週間分の献立が決まっていて、それぞれのメニューのレシピが書いてあるパンフレットと一緒に、その一週間分の献立に使う材料が家まで届けられます。

 

宅配弁当と違って、届いた材料とレシピで1から料理を作る…ということになるわけですね。

 

【宅配冷凍弁当サービスとは?】

宅配弁当サービスは、完成した状態のメニューがお弁当として届けられるサービスのことです。
届けられた時は冷凍されており、それを必要なときに解凍し、食べるといった形になります。

 

もちろん、必要な時までは冷凍庫に入れておけば長く保存可能です。
完成しているため作る手間もなく、すぐに食べられる健康食として注目されています。

 

材料宅配サービスと宅配冷凍弁当サービスの違い

一番の違いは作る手間があるかないか、でしょう。

 

材料宅配サービスは届いた時点では材料なので自分で加工したりと料理をしなければなりません。

 

一方、宅配弁当サービスは既に作られたものが届くので、自分でやらなくてはならないのはレンジに入れて5分程度温めることだけです。

 

また、材料宅配サービスは材料が届けられるので、あまり日持ちしませんが宅配弁当は冷凍されており、冷凍保存すればかなり長持ちします。
この点も両者の大きな違いといえるでしょう。

 

【日持ちや便利さ、手間のかかりにくさから考えると…】

このように同じ宅配サービスでも違いが見られる両者ですが、利便性、日持ちなどを考えて比較してみると、宅配弁当サービスの方が利用しやすいのではないでしょうか。

 

冷凍で届く分、材料宅配と違って腐らせてしまうなど無駄にしてしまうことも滅多にありませんし、かかる時間のことも考えれば宅配冷凍弁当サービスのほうがよりお得といえるでしょう。