食べ合わせの悪い食材について

食べ合わせの悪い食材(スイカ)

いろいろなものをバランスよく食べる…とは言いますが中には気をつけたほうがいい「悪い食べ合わせ」というものも存在しています。

 

知らず知らずやってしまっていることもある悪い食べ合わせ、あなたは大丈夫ですか?

 

【トマト+キュウリ】

サラダの常連であるこの2つの野菜、実は同時に食べるとトマトのビタミンCをキュウリに含まれているアスコルビナーゼという酵素が壊してしまうのです。
絶対に1度はやったことのある組み合わせではありませんか?

 

体調を壊すことこそありませんが、栄養素の吸収的に考えるととても損をしている食べ方だといえます。
このアスコルビナーゼという酵素は熱と酸に弱い性質を持っていますので、どうしても2つを1度に食べたい場合は、マヨネーズをかけたりお酢の入ったドレッシングを使うようにしましょう。

 

【焼き魚+漬物】

和食の定番であるこの2つを同時に食べるのも実は悪い食べ合わせです。
魚のタンパク質は分解されることによってアミンというものに変化するのですが、このアミン、漬物に含まれている亜硝酸と結合すると発がん性物質であるニトロアミンに変わってしまうのです。

 

いいものを食べたはずなのに、がんになってしまうなんて悲しいですよね。
この2つを一緒に食べるときはビタミンCを一緒に摂取しましょう。
そうすることでニトロアミンの生成を抑制することができます。
おすすめはレモンの絞り汁などです。

 

【天ぷら+スイカ】

この2つの組み合わせは消化不良を起こすことがあります。
天ぷらには油分が多く含まれており、スイカには水分が多く含まれているのが原因。

 

胃液が薄まってしまい、うまく消化することができなくなってしまうのです。
特に胃腸が弱っている人や下痢気味の人などは避けることをおすすめします。

 

意外な組み合わせがやってはいけない組み合わせであることもしばしばあります。
食べ合わせは「え?こんな食べ方、ダメだったの?!」というものが多くあります。

 

自分の食べ方に絶対の自信は持たず、常に食べ合わせを考え、効果的に栄養を摂取できる食べ合わせや体に害のない食べ合わせを見つけていきましょう